Light BLUE

好きな気持ちを大切に

グループ別備忘録 KAT-TUN編

好きなグループについての備忘録。

 

最初の記事はこちら。

innocence-m.hatenablog.jp

 

続きましてKAT-TUN

―何があっても普遍的に好きでいるであろうグループ―

f:id:monsterkt:20190609190536j:plain

 

 

私がジャニオタになったきっかけはKAT-TUNである。

2007年から好きなまま現在に至る唯一の存在だが、絶対的かと問われると…ヲタクって難しい(笑)

好きになったのはやはり音楽から。きっかけは、亀梨くん出演ドラマで流れていたYOUが収録されたアルバムから。

YOU目的で買ったアルバムはひたすらカッコ良くてビックリした記憶がある。

そのまま長らくは音楽中心ながら時々バラエティ番組もチェックするお茶の間ファンだった。

 

そんな私が2013年、本格的に応援しよう、いずれはライブに行こうとFC入会することを決意する。

きっかけのひとつはCHAINのDVD。ライブDVDはそれまでも見ていたのに、CHAINに関してはそれまでより強く印象に残ったこと。

もうひとつはコンビに興味を持ったこと。KAT-TUNに関して最初に興味を持ち、ヲタクに引きずり込んだコンビはロバ丸である。

コンビというものに興味を持つそもそものきっかけは、過去に興味を持ちお茶の間ファンだった某国民的アイドルグループのコンビ(たち)なのだが、それについては割愛させてもらう。

2013年、2014年とライブはあったものの、なかなか自分の中でタイミングが合わず、2015年のquarterが私にとっての初めてのジャニーズのライブ参戦となった。

 

感想は書かないが、これがイマイチだったなら今の私はいないわけで…

 

 

メンバーの脱退も3回見てきた。その都度感じていたことはあるけど、もう書くことはないだろう。 

 

KAT-TUNへの想いはある程度一定で感情の揺れが大きなものではないけれど、いつまでも好きでい続けるんだろうなあとは思っている。

 

当初は担当という概念がなかったが、ソロ曲の好みから気がつけば中丸担に。(2014年秋~)

2016年春から徐々に上田くんに惹かれていき、その年の夏~現在も上田担である。

 

上田くんは純粋に応援したい人。3年になろうとする今もその想いは変わらない。